Fumio Eguchi Laboratory Blog

高崎健康福祉大学健康栄養学科江口文陽研究室のブログです。基本的に記事は公開ですが、一部の記事については、パスワードをご存知の方のみの閲覧とさせていただきます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

栓ときのこ

今日のゼミでは綿栓の作り方についての実習を行いました。
真綿で作るのですが、栓の状況によってもきのこの菌糸の成長には変化が生じます。
シリコン栓、シリコ栓、綿栓などの種類によって通気性が異なり菌糸成長には大きな影響を与えます。
私が大学生の時には綿栓の綿の重量や硬さ、綿球大きさや長さも変えて試験管内やフラスコ内の空気の成分、いわゆる二酸化炭素濃度などをガスクロマトグラフィーで測定したこともありました。
 二酸化炭素濃度が菌糸成長に与える生理学的な影響もきのこ研究の重要なテーマです。

はじめての体験でできなかった人もイメージと今後の練習で綿栓づくりを上達させてください。
また、研究材料は研究する素材の活性にも大きな影響を与えることを認識してください。
こうした、研究の姿勢が成果に大きく関係します。
関連記事
スポンサーサイト

| 日記 | 22:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も何度も失敗しました。固さがまちまちで重量や固さ大きさ、長さなどを変えて作るまでになるには相当な訓練が必要かと思いますが、安定した結果を得るには当然のことなのですね。

| nyany8 | 2011/02/09 09:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://egclab.blog10.fc2.com/tb.php/1595-16696b99

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。